熱性けいれんには前兆がある?困った時は小児救急電話相談に

678231

赤ちゃんが生まれて、はじめての子育てって本当にいろんなことがわからなくて、不安になることってたくさんありますよね。私もそうでした。

しかも赤ちゃんや幼児って、なぜか、夜中や休日などの病院のやっていない時間帯に熱が出たり、病気を発症したりするんですよね・・・。

もし、子供が熱を出して、けいれんをおこし、口から泡をふいたら・・・、びっくりしてしまいますね。すぐに救急車を呼ばなきゃ!と思うかもしれません。

もちろん大事に至る前に、遠慮せず救急車を呼ぶなり、救急病院にかけこむなりする必要がある場合もありますが、その前に落ち着いてできることもあります。

今回は、熱性けいれんについてと、自宅でできる対処法、また、困った時の対応窓口などについてまとめました。

スポンサードリンク

熱性けいれんとは?

好発年齢:生後6か月~6歳の乳幼児。特に1歳児に多い。

インフルエンザ、突発性発疹などの病気をきっかけに、ひきおこすこともあります。

発熱後24時間以内に、意識を失い、全身が硬直し、けいれんがおこります。

ほとんどの場合、1度なったらその後はならないことが多いのですが、3割程度の人は再発するとのことです。

しかし、熱性けいれんによる死亡や、後遺症、将来、「てんかん」になるという可能性も低いといわれております。

熱性けいれんがおこる前に前兆がある

熱性けいれんがおこる前には前兆があるようです。お子さんに以下のような症状がみられたら、注意して見守りましょう。

□熱が上がってきた(38℃以上の高熱)

□目は一点を見つめている

□呼びかけても反応がない

□口を開けている

□歯をカチカチさせている

スポンサードリンク

熱性けいれんの症状

熱が上がってから24時間以内に発症します。

たいていは数十秒~3分以内でおさまることが多いようです。

□白目をむく

□両手両足をつっぱる(硬直)

□意識がなくなる

□口から泡をふく

□手足がけいれんする

・両手、両足が左右対称にけいれんする

・足をバタバタさせる

・布団の上で飛び跳ねる

など、けいれんのしかたは人それぞれ違いがあるようです。

 ※発熱が2~3日続いたあとにけいれんが起こった場合は、髄膜炎または脳炎のおそれがあるので、小児科を受診しましょう。

熱性けいれんの対処法

・頭を冷やす(冷えピタなどの保冷剤等)

・布団は軽めに(厚着をさせない)

・部屋を涼しくする

・布団で安静に

・横向きに寝かせる(右側を下にする)→嘔吐した場合、気管に入るなどを防ぐため

・衣服をゆるめる

133099

チェックすべき項目

□けいれんが左右対称であるか?それとも部分的か?

□けいれんが何分続いたかの時間を計っておく

こんな時は救急車を呼びましょう!

□けいれんが15分以上続く

□止まってもまたけいれんをおこす(24時間以内で2回以上続く)

□けいれんが治まっても意識が戻らない

□痙攣が左右で差がある時

の場合は、遠慮せず救急車を呼びましょう!

076479

もし、その日はけいれんが治まったとしても、数日後にまた発症する、または、7歳以上になってもおこるような場合は、別の病気が隠れている可能性も考えられるので、小児科を受診しましょう。

やってはいけないこと!

・ゆさぶる

・大声をかける

・背中などをたたく

・舌嚙み防止でなにかをくわえさせる(嘔吐する可能性がある)

あわてず、落ち着いて対処しましょう。

不安な時は小児救急電話相談「#8000」に電話してみましょう

小児救急電話相談(厚生労働省)は「#8000」です。

各自治体によって若干異なるようですが、365日、19:00~翌朝8:00までやっています。

要するに、病院が閉まっている時間帯ですね。

子供は、夜中や休日など、病院が閉まっている時間に病気になることが本当に多いです。

各自治体ごとにくわしく知りたい方は以下↓で調べてみてください。

小児救急電話相談(厚生労働省)#8000

461765

関連記事もあわせてごらんください

「子供の微熱が続く!病気によるものなのかを見分ける方法」

「平熱が低い人は微熱でもつらい?発熱って何度から?」

「風邪で熱がなかなか下がらない!対処法と仕事復帰は?」

「手足口病は大人もうつる?症状と対処法」

「ヘルパンギーナに妊婦が感染したら?赤ちゃんへの影響は?」

「アデノウィルスの症状は?大人も潜伏期間にうつる?」

スポンサードリンク