ガングリオンの治し方!自分でつぶしても大丈夫?!

501401

私は小学生の頃、体育の跳び箱の授業の時に、まちがえて手で着地をしてしまい、利き手の手首を捻挫したことがあります。

その後、手首にこぶができるようになりましたが、これがさわってみると、ブヨブヨしていてやわらかく、特に痛みがあるわけでもないのですが、見た目的にも気になって、そのこぶをとるために、整形外科に通ってた時代があります。これがガングリオンっていうんですね。

そのガングリオンも、いつのまにか再発することもなくなって、今現在に至っております。

今回は、ガングリオンについてまとめました。

スポンサードリンク

ガングリオンって何?

ガングリオンとは、関節(主に手首の関節が多い)にできる、良性の腫瘤(しゅりょう)のことをいいます。

※腫瘤(しゅりょう)とは、「こぶ」のことをいいます。

関節の動きをよくするための潤滑油となる液体が、なんらかの理由によって、関節部分の袋の中に入り、ゼリー状に固まって、こぶのように、皮膚が膨らんだ状態がガングリオンです。

ガングリオンができる原因は?

はっきりした原因はわかっておりませんが、

  • 関節を動かしすぎること
  • ぶつけた、ひねったなどの衝撃によるもの
  • ストレス

なども関係しているのではないかといわれております。

どちらかというと、男性より女性に多くできるようです。

男女の比率としては、男1:女3で、20代~50代の比較的若年層に多くみられるようです。

とはいえ、幼児から老人まで誰でもなりえるとされております。

実際、私も以前はガングリオン保持者でしたが、はじめてガングリオンが出たのは、小学校高学年の頃でした。

体育の跳び箱の授業で、手を捻挫したのをきっかけに、手首(手の甲側)にポコッとゼリー状のふくらみができるようになりました。

整形外科にて、注射でゼリー状のもの(ガングリオン)を取り出す治療をしていましたが、いつのまにか再発しているので、そのたびに、整形外科に通っていました。

その後20代前半まで続いたように思います。

しかし、いつのまにかガングリオンができなくなっていきました。今では全く再発しません。

459348

できやすい部位

ほとんどは手首にできるのですが、指のつけね、ひじなどの、関節のまわりにできることもあるようです。

また、ひざや足の関節まわりにできることもあります。

放っておいたらどうなるの?

ガングリオン自体は良性のものなので、「ふくらんでいる」という不快さ以外は、痛みがあるわけでもなく、無症状です。

ただし、神経の近くにでき、神経を圧迫した場合、しびれ、痛み、麻痺などがおきることがあります。

また、目に見えない場所(関節の奥)にできる骨内ガングリオンの場合は、皮膚の膨らみはないものの、関節を圧迫し、痛みを伴う場合もあります。

痛みや関節に違和感がある場合は、MRIや超音波検査にて検査をすることもあります。

スポンサードリンク

ガングリオンの治療法

穿刺(せんし)治療法

穿刺治療法とは、ガングリオンの部分に注射針を刺し、ゼリー状のものを吸い取る治療方法です。

私もこちらの治療をずっと受けていました。

再発はするのですが、保険適用となり、1000~2000円くらいで受けられるので、体にも金銭的にも負担が少なく、ポピュラーな治療法だといえます。

圧迫治療法

膨らんだガングリオンを、皮膚の上から医療器具によって、圧迫(押しつぶす)する方法です。

ガングリオン自体は良性ですので、つぶしても問題ないのですが、神経まで圧迫してしまうなどのおそれもあるので、自己流でおしつぶすのはやめましょう。

必ず医師の判断に従いましょう。

レーザー治療法

ガングリオンの患部に、半導体レーザー(低出力)を照射する治療方法。

一か所約3分程度で、痛みはなく、1~2が月間、毎日通院します。

健康保険適用となり、自己負担額は一回につき¥500~¥1000くらいです。

除去手術

ガングリオンのゼリーが入っている袋そのものを、切除する手術です。

手術痕が残る、しびれなどの後遺症が残るリスクがあるという難点もありますが、再発率が低いことが最大のメリットです。

保険適用外で、2~8万円と大きさによっても金額が変わってくるようです。

138789

病院は何科にいけばいいの?

ガングリオンかな?と思ったら、整形外科に行くのが一番適しています。

症状が軽い場合、または、最寄に整形外科がない場合などは、皮膚科や形成外科でも治療が可能なこともありますが、整形外科は関節、腱、神経に関するエキスパートなので、ガングリオンじゃない病気であった場合でも対応可能で、正しい治療を受けることができるからです。

まずは、皮膚のふくらみがガングリオンなのかどうかを確認し、手術が必要なのか?または、経過観察でよいのかを、整形外科にて診断してもらうことが大切です。

自分でつぶしてはいけません!

病院にて、「つぶす治療」をする場合もありますが、自己判断でつぶすことはおすすめできません。

また、ガングリオンだと思っていたら、脂肪腫、アテローム、軟部腫瘍だった!なんて場合もあります。

痛みがある場合、5センチ以上ある場合、短期間で肥大化する場合などは、放っておかず、できるだけ整形外科を受診しましょう。

 

621984

関連記事もあわせてごらんになってください

「ふくらはぎが痛いしだるい!疲れ以外の原因と解消法」

「足がつった!!毎回薬指だけつるのはなぜ?原因と対処法」

「こむら返りの痛みが次の日まで続く時の対処法」

「ぎっくり腰が治り仕事に行けるようになるまでの期間」

スポンサードリンク