平熱が低い人は微熱でもつらい?発熱って何度から?

595792

自分の平熱って知ってますか?

私は36.5℃と、いたって普通です。

しかし、昨今では、平熱が35℃台という、いわゆる低体温の人も増えているそうです。

今回は、平熱が低い人の「発熱」とは何度から?また、低体温が招く体の不調や、体温をあげるためにできることなどをまとめました。

スポンサードリンク

平熱が低い人の「熱がある」とは何度から?

日本人の平熱の平均値は?

日本人の体温の平均値は、36.6℃~37.2℃だといわれております。

平熱が低い人の「熱がある」とは何度から?

数十年前までは、日本人のほとんどの人は平熱が36℃~37℃だったといわれておりますが、その昔、水銀体温計というものがありましたよね?

あの水銀体温計は「37℃を赤」で表示していたのを覚えていますか?

37℃以上を発熱(微熱)ととらえるようになったのは、どうやらここからきているとされています。

実際には「発熱は37℃から」などという定義はありませんが、感染症法においては、37.5℃以上を「発熱」、38.0℃以上を「高熱」と分類しているようです。

しかし、平熱には個人差が大きく、現代では35℃台の低体温の人も増えているため、

・平熱との差が1℃以内→微熱

・平熱との差が1℃以上2℃未満→発熱(中)

・平熱との差が2℃以上→高熱

と考えるとよいと思います。

体調の良しあしは、熱だけでは判断できないものなので、平熱より多少体温が高くても、調子がよければ問題ないし、微熱であっても頭痛、腹痛、だるさなど他の症状がある場合は、病院を受診したほうがよいでしょう。

平熱が低い人にとっては、37℃も「微熱」ではなく「発熱」という状態でつらく感じるものです。

そのためにも、ふだんから自分の平熱を知っておくのも大切です。

正しい平熱を知る方法

・医療の現場においては、午前中、14時、20時、就寝前と、計4回体温を測り、その平均値を平熱としているそうです。

・自宅で正確に調べたい場合は、週に2回でいいので、毎回同じ時刻に一日一回体温を測ります。これを2か月続けて平均値を出します。

503427

スポンサードリンク

平熱が低いとよくないの?

「平熱」と聞くと「36.5℃!」と答えたくなるのは私だけでしょうか?実際私の平熱も36.5℃です。

この、36.5℃というのは、体内の酵素が最も活発に働いてくれる温度だといわれております。

人間は、体温が1℃下がるごとに基礎代謝が1割ほど低下し、免疫力が3割も落ちるといわれております。

逆に体温が1℃高くなると、免疫力は5倍~6倍もアップするともいわれております。

ということは、低体温は、免疫力が低いため、風邪や病気にもかかりやすくなるというわけです。また、血行が悪くなり、むくみがおこったり、冷え症になりやすいともいわれております。

また、女性の場合は、「冷え」は厳禁で、生理不順などの原因にもなってきますので注意が必要です。

低体温になりやすい原因

・食事制限によるダイエット

特に、炭水化物を極端に制限すると低体温や、さまざまな不調がおこるおそれがあります。

・過度なストレス

ストレスが自律神経の乱れを引きおこし、体温調節がうまくできなくなります。

・整いすぎた室内環境

人間は本来、体内で、寒い時は体温を上げ、暑い時には、汗をかき体温を下げるという、体温調節をおこなっています。

しかし、冷暖房が整ったのはいいものの、暑い時にガンガン、エアコンをつけたりしている環境に慣れてしまうことによって、本来持っているはずの体温調節機能がうまく働かず、平熱が低体温になってしまうということもあります。

また、更年期障害や自律神経失調症によっても、体温調節がうまくできなくなり、低体温になりやすい要因です。

平熱(体温)を上げる方法

1.運動

運動をすることによって筋肉がついたら、基礎代謝が上がり、結果、体温も上がります。

特に、体温の低いとされる朝に、ウォーキングをするのは、とても効率的に基礎代謝、新陳代謝をアップし、ダイエット効果も期待できるそうです。

2.汗をかくようにする

汗をかくことで、老廃物を出し、血行をよくし、結果、体温があがることになります。

汗をかくために、エアコンをつけすぎないことや、できれば毎日湯船につかることをおすすめします。湯船につかれない場合は、洗面器にお湯を張って足湯をするだけでも、体が温まり、血行がよくなりますよ。

3.バランスの良い食生活

たんぱく質、ビタミン、ミネラル、亜鉛をバランスよく摂取するとよいです。

特に、亜鉛などのミネラルは、女性ホルモンのバランスを整えてくれるので、低体温や、生理不順の解消も期待できます。

あと、朝起きた時と、寝る前に「白湯」を飲むのも、内臓を温め、低体温に効果的だそうです。

476275

4.ストレスをためこまないようにする

ストレスによって自律神経の乱れをひきおこし、低体温になりやすくなります。現代では、ストレスをためるなというのは難しい話ですが、ストレスがたまってきたなと思ったら、適度にはきだしていくようにすることが大切です。

何をすれば、ストレス解消できるのかは人によって違いますが、楽しみをみつけて、忙しい中でも、リフレッシュする時間を「スケジュールとして組み込んでいく」のは大事なことですね。

568733

関連記事もあわせてごらんください

「インフルエンザで微熱はあり?頭痛が続く時は髄膜炎かも?」

「風邪で熱がなかなか下がらない!対処法と仕事復帰は?」

「お尻が冷たい!原因は?太る原因にも!効果的に温める方法」

「寝る前はホットミルクより甘酒?“飲む点滴”は安眠効果も!」

スポンサードリンク