肺炎球菌の症状は?大人の定期予防接種について

 534749

TVのCMで、「高齢者の方は肺炎球菌のワクチンを接種しましょう」と呼びかけるものがありますね。

私などは、小さな子供もいるため、「肺炎球菌ワクチン」といえば、子供が受ける予防接種というイメージがありましたが、現在(2016年)では、日本人の死因の第3位が「肺炎」といわれるほど、大変な病気だということがわかりました。

今回は、大人の肺炎球菌性肺炎についてまとめました。

スポンサードリンク

肺炎球菌とは?

肺炎球菌は常在菌としてふだんから体にすみついているのですが、免疫力が弱った時に暴れだし、菌を増殖させ肺炎球菌に感染させるというわけです。

肺炎球菌に感染することによっておこる肺炎を「肺炎球菌性肺炎」といいます。

2016年現在、日本人の死因の順位は、

1位:がん

2位:心疾患(心筋梗塞など)

3位:肺炎

と、肺炎が実に3位ということです。

肺炎によって亡くなる方は年間で約12万人にのぼり、そのうちの約9割が65歳以上ともいわれております。

肺炎球菌による感染症にかかりやすいといわれている人は、

  • 糖尿病の人
  • 呼吸器疾患がある人
  • 病気で免疫力が低下している人
  • 脾臓を摘出されている人
  • 何らかの持病がある人
  • たばこを吸っている人

などがあげられます。

また、インフルエンザウイルスにかかった時も、肺炎球菌性肺炎を発症することがあります。これは、インフルエンザウィルスによって、気道や肺にある細胞が破壊されることによって、肺炎球菌が肺に侵入してしまったことによるものです。

ですので、予防接種などで、インフルエンザの予防につとめることも大切です。

かかいりやすい年齢は?

・2~3歳の乳幼児(抗体をもっていないため)

そのため生後2か月から「小児用肺炎球菌ワクチン」という定期接種を受けることができます。

*「小児用肺炎球菌ワクチン」は、「Hib(ヒブ)ワクチン」と同時に接種することができます。

・65歳以上(免疫力が低下しているため)

各自治体ごとに実施している定期接種を受けることができます。

肺炎球菌性肺炎の症状

  • 発熱(38℃以上の熱が4日以上)
  • 悪寒
  • 全身のだるさ(けん怠感)
  • 息切れ
  • せき(痰がからんだ深い咳)

など

風邪と肺炎球菌性肺炎との違いと見極め方

風邪(ウィルスによるもの)

発熱、悪寒、せき、痰、くしゃみ、頭痛、食欲不振、倦怠感などで肺炎の症状とも似ているのですが、かぜとは上気道の炎症であるため主に「のどが痛い」という特徴があります。

また、痰の色は、白や、薄い黄色などで、発熱は1~2日間くらい(長くても3日間以内)におさまるのが普通の風邪です。

くわしくは「風邪にもいろいろな種類がある?自宅でできる風邪の対処法」をごらんください

肺炎球菌性肺炎(肺炎球菌)

  • 発熱(38℃以上の高熱が4日以上)
  • 悪寒
  • せき
  • くしゃみ
  • 頭痛
  • 食欲不振
  • 倦怠感

などがあげられ、一見、風邪とも似ていますが、

「刺すような胸の痛み」「咳をするたび胸が痛い」などの症状が左右どちらかの胸にあらわれます。この痛みは胸膜炎をおこしている症状です。

また、緑色や、黄色、赤茶褐色のような痰がでます。

熱が4日以上続きます。

治るまでに4日~1週間ほどかかります。高齢者や、体力が落ち抵抗力が弱っている人は重症化することもあり、2週間ほど入院することもあるようです。

*ちなみに、風邪や肺炎とよく似たもののひとつである「インフルエンザ」だと1日~3日間で熱はおさまってきます。

475237

スポンサードリンク

人にうつる肺炎とうつらない肺炎がある?

咳やつばによって飛沫感染する肺炎もあるので要注意です。肺炎が治るまでは必ずマスクをつけましょう。

人にうつる肺炎

  • 肺炎球菌性肺炎
  • Hib(インフルエンザ菌)
  • マイコプラズマ肺炎
  • SARS(サーズ)

人にうつらない肺炎

  • 薬による肺炎(薬剤性肺炎)
  • アレルギーによる肺炎
  • 真菌(カビ)による肺炎
  • 風邪をこじらせたことによる肺炎
  • 誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)

その他肺炎球菌感染することによっておこる病気

・髄膜炎

髄膜炎については「インフルエンザ後におこる頭痛は髄膜炎?症状や予防接種は?」をごらんください。

・中耳炎

中耳炎については「大人の中耳炎の症状は耳の激痛が特徴」をごらんください。

・副鼻腔炎

・気管支炎

・敗血症

などがあります。

肺炎球菌性肺炎の治療法

  • 抗菌薬の内服
  • 水分補給
  • 暖かくして安静にする

自己判断で薬を中断すると、症状がぶり返したり、菌に耐性がついてしまい、今後同じ抗菌薬が効かなくなる原因にもなってしまいますので、抗菌薬は医師の指示に従い、最後まで飲みきりましょう。

発熱による脱水症状を防ぐため、水分補給はこまめにおこないましょう。経口補水液(OS-1)による水分補給ができれば理想的です。

暖かくして安静にすることにつとめましょう。

肺炎球菌性肺炎の予防法

成人用肺炎球菌のワクチンを接種する

65歳以上の方は成人用肺炎球菌の定期接種を受けることができます。

接種してから免疫(抗体)ができるまで、約3週間ほどかかるといわれております。
また、個人差はありますが、肺炎球菌ワクチンの免疫(抗体)は、5年以上持続するとされています。

~定期接種の対象者は?~

★平成26年からはじまったこの「成人用肺炎球菌ワクチンの定期接種」は、平成31年3月31日までの間は、65歳、70歳、75歳、80歳、85歳、90歳、95歳、100歳の誕生日を迎える方が対象となります。

★定期接種の対象でない方の予防接種は、任意接種となり、健康保険の対象外となります。くわしくは、最寄りの医療機関にて確認してみましょう。

定められた期間内(平成31年3月31日まで)に、未接種者に限り「ひとり1回」という決まりがあります。

*注意*

今年度、65歳の方が70歳になった時や、70歳の方が75歳になった時などは、定期接種の対象にはなりませんので注意しましょう。(平成31年3月31日を超えてしまうから)

★平成31年4月1日からは、65歳(接種日当日に)である方が対象となります。

★インフルエンザと同時接種をすることもありますが、体の状態をみて医師が判断します。

★脾臓を摘出されている方は、健康保険が適用されます。

日頃からできる肺炎予防対策

肺炎になってから治療するよりも、そもそも肺炎にかからないようにするほうが賢明です。

そのためにも、日頃から肺炎の予防を心がけていくことが大切になってきます。

  • うがい
  • 手洗い
  • マスク

で予防し、

  • 十分な睡眠
  • 規則正しい生活
  • 栄養バランスのよい食事
  • 軽い運動
  • 持病の治療
  • 禁煙
  • 太陽の光をあびる

などによって、日頃から、からだの抵抗力(免疫力)をアップさせる意識をもつとよいでしょう。

444200

関連記事もあわせてごらんください

「風邪にもいろいろな種類がある?自宅でできる風邪の対処法」

「マイコプラズマ肺炎は潜伏期間中でも人に感染する?期間は?」

「マイコプラズマ肺炎の症状は?大人の場合出勤はいつから?」

「ぜんそくの症状がでる時間帯はいつ?」

「大人の中耳炎の症状は耳の激痛が特徴」

「インフルエンザ後におこる頭痛は髄膜炎?症状や予防接種は?」

スポンサードリンク