りんご病の潜伏期間はうつる?感染力と症状

010956

お子さんのほっぺたが赤いなと思ったら、りんご病だった!なんて経験のあるママも多いかと思います。

かわいい名前なのであまり危険な感じがしないのですが、りんご病はウィルスで感染する病気です。

今回はりんご病の感染力、また潜伏期間やうつる期間、症状などをまとめました。

スポンサードリンク

りんご病とは?

正式名称は「伝染性紅斑(でんせんせいこうはん」といいます。

ヒトパルボウィルスB19型というウィルスが原因による感染症です。

ほっぺたが赤くなるので通称りんご病と呼ばれています。

5~9歳くらいの幼児が最も多く発症しますが、保育園、幼稚園に通っている兄弟がいる場合はまれに2歳以下の乳幼児にもかかる場合があります。

比較的感染力が弱く短期間で急激に大流行することはあまりないというのも特徴です。

384701

りんご病の感染力はいつが一番強い?

顔が赤くなったり発疹ができる1週間~10日前が最も感染力が強い時期となります。

この時期の特徴は微熱・せき・鼻水がでたりしますが、風邪と似たような症状で見分けがつきずらく、この時病院に行っても「りんご病です」と診断されることはほとんどありません。

なので防ぎようがないともいえますが、大人になるまでに獲得しておきたい免疫の一つでもあります。

また、感染はしたけど症状はでないこともあります。この「感染したけど症状がでなかった人(不顕性感染者)」からうつされる場合もあります

感染ルート

飛沫感染→感染者のせきやくしゃみ
接触感染→手すりやドアノブなどについたウィルスを触ることによってうつる

りんご病の症状

(こども)
  • 37℃前後の微熱・せき・鼻水(風邪の症状に似ている)
  • 両側のほっぺがりんごのように真っ赤になる
  • 腕、おなか、足、お尻にレースのようにも見える、のこぎりの歯のようにも見える赤い発疹が現れます。いったん消えた発疹がまたあらわれることもあります。
(大人)
  • ほっぺが赤くならない
  • 手首、指、ひざ、腰などの関節痛がおこる
  • 38℃以上の高熱
  • かゆみ
  • 倦怠感
  • 赤い発疹

スポンサードリンク

妊婦が感染した場合は

妊婦が感染した場合の胎児への影響

とくに妊娠12~20週の時期にりんご病に感染した場合は胎児にも感染し、おなかの赤ちゃんが貧血になって死亡したり、流早産、胎児水腫などを引き起こす可能性があるので妊婦さんがりんご病にかかった場合は特に注意が必要となります。

引用元:からだポジティブ「あかちゃんがりんご病になった場合の症状と対処法」

感染者がいるとわかった場合はマスクをつけるなど、できるだけ接触を避けるようにしましょう

症状がでた時はすでに感染力はない?

ほっぺが赤くなったり、発疹がでたりといった目に見える症状があらわれたころには、すでにウィルスは少なくなっており他人への感染力はほとんどありません。なので、ほっぺが赤くなって発疹が出た時点では学校や仕事を休む必要はありません。ただ大人の場合は関節痛などの症状がつらい場合も多いので休んで回復を待ったほうがいい場合もあるでしょう。

風疹や溶連菌感染症と似ているので注意!

りんご病は、赤い発疹がでたり高熱がでたりすることから、風疹や溶連菌感染症と間違われることがあります。

逆に、リンゴ病だと思って放っておいたら風疹や溶連菌感染症が悪化していた!なんてこともありますので、妊婦さんなどは特に注意してくださいね。

症状が出た際は必ず病院に行ってなんの病気だったのかを確かめましょう。

383590

対処法は?

1.りんご病を予防するワクチンも抗ウィルス薬もありません。よって対症療法となります。基本的には風邪のときと同じように自然治癒するまでゆっくり過ごす。

2.からだを温めすぎるとかゆみが増すのでお風呂はサッとすます。

3.かゆみ止めの塗り薬を塗る。

4.ゆっくり休ませ自然に治るのを待つ。

引用元:からだポジティブ「あかちゃんがりんご病になった場合の症状と対処法」

関連記事もあわせてごらんください

「あかちゃんがりんご病になった場合の症状と対処法」

「りんご病に大人や妊婦がなった時の症状はかゆみと関節痛に!」

スポンサードリンク