5月にかかる花粉症の原因は?食べ物で工夫を

119612

毎年2月ごろから話題になる花粉症ですが、花粉症の時期と言われている2月から4月以降の、5月になってもまだ花粉症のつらさが解消されないと悩んでおられるかたも多いかと思います。今回は5月にかかる花粉症の原因と対策をまとめてみました。

スポンサードリンク

5月になる花粉症の原因は?

一般的に花粉症というと「スギ花粉の花粉症」が多く知られていますね。スギの木は北海道、沖縄にはほとんど存在しないのですが、日本ではスギ以外でも花粉症を引き起こす植物は約60種類あるといわれております。地域によって気候が違うので花粉の種類も飛散時期もさまざまです。では地域別にみていきましょう。

北海道

スギやヒノキの花粉症はほとんどなく、かわりにシラカンバ花粉の花粉症になる方が多いです。スギ花粉症と同じく、鼻水、くしゃみ、目のかゆみといった症状があらわれます。

さらに、シラカンバ花粉症の症状として特徴的なのが、20%~30%の割合で口腔アレルギー症候群を起こす場合があるということです。りんご、キウイ、もも、さくらんぼ、柿などの果物を食べた時に口の中がかゆくなったり腫れたりといった症状がでます。

北海道でもスギ花粉症と同じくらいの2月から3月に花粉症がおこる場合がありますが、これはスギ花粉ではなくハンノキによる花粉症です。ハンノキ花粉症も口腔アレルギー症候群をおこす場合があります

シラカンバ→4月中旬から6月初旬頃

アカマツ(マツ科)→4月中旬から7月上旬頃

コナラ(ブナ科)クリ(ブナ科→5月から6月頃

東北

スギ3月上旬以降から4月下旬頃

ヒノキ→3月中旬から5月上旬頃

ハンノキ→2月から6月上旬頃

コナラ(ブナ科)→4月中旬から6月中旬頃

イネ科→5月中旬から6月中旬頃

関東

スギ2月ごろから4月下旬頃

ヒノキ→3月から5月末頃

ケヤキ(ニレ科)・イチョウ(イチョウ科→4月から5月頃

イネ科→5月から6月頃

コナラ(ブナ科)・クリ(ブナ科→3月から5月頃

東海

スギ2月中旬から4月上旬頃

ヒノキ→3月中旬から5月中旬頃

ハンノキ→1月下旬から5月頃

コナラ(ブナ科)→4月から5月頃

関西

スギ2月中旬4月下旬頃

ヒノキ→3月から4月頃

コナラ(ブナ科)・クリ(ブナ科→4月から5月頃

ハンノキ→1月下旬から4月頃

中国・四国

スギ11月頃から5月頃

ヒノキ3月から5月中旬頃

ハンノキ1月から4月頃

コナラ(ブナ科)・クリ(ブナ科)4月から6月上旬頃

ウメ2月から3月頃

オリーブ5月上旬から6月中旬頃

九州

スギ1月下旬から3月下旬

ケヤキ(ニレ科)・イチョウ(イチョウ科→4月から5月頃

アカマツ(マツ科→4月中旬から7月上旬頃

399444

スポンサードリンク

現代はなぜ花粉症になりやすいの?

日本人の約25%が花粉症だといわれていますが、これは、スギは戦後に大量に植林されたこともあり、伐採されずに残ったものが毎年春に花を咲かせる時期におこるようになったといわれております。

さらに道路が舗装された現代では地面に落ちた花粉が再度舞うということも原因の一つです。

また、食生活や生活パターンの変化、住居の近代化などによって昔よりアレルギーをおこしやすい環境になったといえます。

花粉症の症状

→くしゃみ・鼻水・鼻づまり

→かゆみ・涙・充血

のどのかゆみ皮膚のかゆみ。さらに下痢熱っぽいなどの症状があらわれることもあります。

388916

花粉症に良い栄養素と食べ物

ポリフェノール

ポリフェノールにはアレルギーの原因であるヒスタミンを抑える抗アレルギー作用があります。さらに、アレルギーが起きた時に増えてしまう活性酸素を分解し症状の悪化を防ぐ効果もあるといわれております。

  • 赤ワイン
  • ブルーベリー
  • プルーン
  • ブロッコリー
  • ピーマン
  • セロリ
  • フキ

140170

DHA

直接的にアレルギー症状をおさえるわけではありませんが、アレルギーは体内の脂肪バランスを整えることで抑えられることがわかっています。DHAはこの脂肪バランスを整える働きがあるので積極的に取り入れたい栄養素です。

  • いわし、さば、さんまなどの青魚手軽な魚のかんづめなどはいかがでしょうか?
  • 調理用の油を亜麻仁油(あまにゆ)やえごま(えごまゆ)、しそ油(しそゆ)などに替えてみるのもよいでしょう。

272594

乳酸菌

アレルギー症状を緩和するためには腸内環境を整えることが効果的だと言われています。「生きたまま腸に届く」タイプのヨーグルトがおすすめです。

「生きたまま腸に届くヨーグルト一覧」

398211

カテキン

カテキンには抗ヒスタミン作用があるのでアレルギー症状を緩和するのに効果があります。

418297

花粉症の人が注意したいこと

イネ科の花粉症は小麦の食品を食べることによって症状が悪化しアナフィラキシーを発症することもあるそうです。

5月と6月はパンやパスタ、うどんなどの小麦でできた食品を少し控えめにしてみてはいかがでしょうか?

病院にて、自分は何のアレルギーなのかアレルギー検査をしてみることをおすすめします。

自宅でできる応急処置

1.鼻うがい

鼻うがいは痛いというイメージがありますが正しいやり方をすれば効果的です。

「鼻うがい(鼻洗浄)の正しい方法」 

2.マスクをする

やはり原因となる花粉を遮断するのがよいでしょう。

「花粉症マスク 一覧」 

3.静電気除去スプレーで花粉をよせつけない

花粉は静電気に引き寄せられるので静電気の発生を抑えることによって花粉を体につけづらくする効果があります。

 「静電気除去スプレー 一覧」 

4.空気清浄機を使う

ちょっと高いですが効果は抜群です。

「花粉症対策の空気清浄機 ランキング」

5.拭き掃除をする

加湿器などで部屋の湿度を上げ、花粉を床に落とし、濡れた雑巾で拭いたあと水気のない雑巾で乾拭きをします。

関連記事もあわせてごらんください

「梅雨時期の頭痛の原因は?効果的な対処法」

「黄色い鼻水は風邪が治りかけ?鼻づまりの解消方法」

スポンサードリンク