手足口病は大人もうつる?症状と対処法

165959

手足口病と聞くと「子供の夏かぜ」というイメージがありますが、他の感染症と同様に体力が低下して免疫が弱っていればやはり大人も感染します。大人が手足口病に感染してしまった時の症状と対処法をまとめました。

スポンサードリンク

感染経路

コクサッキーウイルス(数種類ある)による感染症で、感染者全体のうち約9割が5歳以下の乳幼児ということですが、抵抗力が弱っている場合は大人もうつります。

  • 飛沫感染→くしゃみ・咳によるもの
  • 接触感染→皮膚・粘膜などの接触によるもの。感染者の触れたものを間接的にさわって目をこすったり口に手を入れたりしたときも含める。
  • 糞口感染→感染者の排泄物に含まれていたウィルスが他者の口に入ることによるもの。トイレの後の手洗いが不十分な場合や乳幼児のオムツ換えの際などがこれにあたります。

大人の手足口病の症状

  • 潜伏期間→ウィルス感染から3~5日くらい
  • 発症してから7~10日間で自然治癒します。

(症状)

  • 口の中の痛み
  • 発熱(38度以下の微熱)
  • 口の中に水泡ができる
  • 手のひら・足の裏などに発疹ができる
  • 頭痛
  • 嘔吐する場合もある

手足口病とヘルパンギーナの原因ウィルスは同族

ヘルパンギーナ→口の中だけに水泡ができる。39度~40度の高熱がでる

手足口病→口の中に水泡ができる。プラス手・足に発疹があらわれます。発熱した場合は37度~38度の微熱。発熱しない場合もある。

*どちらも症状は似ていて医師でも判断が難しい場合があります。最初は口だけ水泡が出て後で手足に広がる場合もあるので感染初期にみてもらった場合にはヘルパンギーナと診断されるかもしれません。

スポンサードリンク

治療方法と心配される合併症

  • 手足口病の抗ウィルス薬はないので自然に治るまで待つ
  • 予防ワクチンもありません。
  • 夏かぜの一種なので合併症を起こす確率はきわめてひくく治るまで安静にして過ごすことが治療法となります。
  • まれに髄膜炎や心筋炎の合併症がでる場合があるので嘔吐や頭痛には注意する必要があります。

対症療法

  • 鎮痛剤口の中の発疹の痛みを和らげるためにを処方されることもあります。
  • イソジンうがい薬→口内炎の治療のため
  • 抗ヒスタミン剤→手足の発疹がかゆい場合に処方される場合があります。

※口の中の痛みせいで食事や水分をとることがつらいため脱水症状には気をつけましょう。

オーラルファンイントローチ→口内炎の痛みを和らげるサプリメント。口内炎が治るわけではありませんが痛みを軽減するために使用してみてはいかがでしょうか?通販などでも購入できるようです。

妊婦がかかった場合と胎児への影響

  • 妊婦さんは普段より体力も抵抗力も弱っているのと、保育園などに通っている小さいお子さん(きょうだい)がいる場合も多いので、感染したこどものお世話をしているうちにうつる可能性も高いでしょう。
  • おなかの赤ちゃんへの響はほとんどないといわれております。

会社にはいっていい?

手足口病は保育園・幼稚園などでも「出席停止」にはならないのですが、大人の方も医師の指示にしたがい出勤することをおすすめします。

ただし症状がおさまった後でも呼吸器からは1~2週間便からは2週間~4週間ほどウィルスが排出されるので他の人にうつさないためにもその間はマスクトイレ後の手洗い消毒は徹底しましょうね。

なおヘルパンギーナについては関連記事の↓

「ヘルパンギーナに妊婦が感染したら?赤ちゃんへの影響は?」もあわせてご覧ください。

309654

スポンサードリンク